もし社畜が福の神を味方につけたら

元社畜、今ニート。現状打破のために始めたブログ。生活に役立つ情報から、投資案件、失敗談等、幅広く発信したいブログ。

元手30万円で何ができるか-目指すべき投資の形-

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:moshifuku:20181219114407p:plain


豆パラです。

臨時ボーナスで30万円ほどの振り込みがある予定です。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

このお金、物欲に物を言わせて散財するも、貯蓄する事も自由なワタクシのお金です。

 

皆さんならどう考えるでしょうか。

 

安定のためにとっておく?

それとも、自分へのご褒美を買っちゃう?

はたまた、第三の選択肢を模索するか。。

 

投資をするには少額と言わざるを得ない30万円という金額。

そうはいっても出来れば増やしたいと思うのが人情。

 

そこで!

何に使うべきかを考えるべく色々と調べてみることにしました。

 

 

-有識者に意見を聞いてみる-

30万円が手元にあるけど、なにか良い投資先はない?

調べてみるとちょうどピッタリな記事を見つけました。

netgeek.biz

 

ふむふむ、なるほど。

上記の記事をざっくりまとめてみると。

 

ホリエモン「特になし。てか、たった30万円で投資とか(笑)

 

という事です。

ぐっ、さすがホリエモン、現実を突きつけてきますね。

 

通常投資をするときには、一つの金融商品にすべてのお金を突っ込むことはしないのが普通。これではギャンブルと変わりないですからね。

複数の投資先にバランスよく分散して投資を行うことが一番リスクを抑えて効率よく運用をしていける。

 

これがポートフォリオを組むという事。

 

しかし、30万円という少額の金額であると、そもそもこのポートフォリオを組むことが難しいというのがホリエモンの意見です。

 

記事をしっかりと読んでホリエモンの意図を汲み取ると、「結構優しいなホリエモン」ということに気づくと思います。

 

自分の意見が及ぼす影響力をわかったうえで、勉強をしていない投資初心者に自制を促し、安易に投資に手を出さないように啓発しているようにも感じますね。

 

有識者の結論:30万円では投資は無理! 

 

-やはり30万円ではダメなのか-

有識者にボコボコに正論をたたきつけられて、意気消沈気味なワタクシ豆パラですが、(まだだ まだ終わらんよ)

 

他にもまとめている方がいないかと調べてみました。

 

-やりようによっては30万円で億を稼ぐことも可能?-

ワタクシにピッタリな記事を見つけましたので皆さんにご紹介をさせていただきます。

www.shisanunyou-toushi.tokyo

 

はいこちらの”たかさんのブログ”(20代前半からの資産運用)にてしっかりとまとめて書かれておりました。

詳しくは上記のサイトをご参照ください。

 

こちらではソーシャルレンディングについてがオススメとあります。

 

確かにソーシャルレンディングは貸し倒れリスクも少なく高利率な案件が多いので、安定して資金を回していく事ができますよね。

 

-お金を増やすためのモノってなにがある?-

こちらについては前回記事をご参照ください

www.moshifuku.info

 

「やりようによっては30万円で億を稼ぐことが可能であるか」

こちらについても"たかさん"のブログにまとめてありましたが、

30万を例えば月利10%で運用した場合、

1ヶ月後に30→33万円になります。

 

そのまま33万を月利10%で運用すると1ヶ月後には363000円になり、次に363000円を10%で複利で考えて・・と雪だるま式にお金は増えていきます。

 出典 : 0万なら資産運用はコレがおすすめ。値下がりの心配はなし! - 20代前半からの資産運用

 

ここで重要なのは"複利"という言葉です。

何故複利という言葉が重要であるか。最後にまとめさせていただきます。

 

-目指すべき投資の形-

 

「人類最大の発明であり、宇宙で最も偉大な力」

かの天才物理学者であるアインシュタインも認める"複利"という力。

 

これがいったいどういうものであるか、知らない人も知ってる人も改めてこの力について整理してみよう。

 

-複利-

複利とは「元本だけでなく、利子が利子を生む」という考え方のこと。

複利の対義語に「単利」があり、これは最初の元本だけが利息を生み続けるものを指す。

 

複利と単利の違い

ここで、複利と単利の力の違いを見るために簡単な表を下記に用意してみます。

  単利 複利
  元本 利子 総額 元本 利子 総額
1年目 1000万円 50万円 1050万円 1000万円 50万円 1050万円
2年目 1000万円 50万円 1100万円 1050万円 52.5万円 1102.5万円
3年目 1000万円 50万円 1150万円 1102.5万円 55.1万円 1157.6万円

※1000万円を年利5%で3年間、運用した場合(複利の計算結果は、小数点以下第2位を四捨五入して表示)

 

表のとおり、複利は元本も、毎年の利子もどんどん増えていき、時間が経過するごとに単利との差が広がっていく事がわかります。

 

-時間が経過するごとにリターンが大きくなっていく-

複利のポイントは出てきた利子を元本に加えていき、大きくなった元本に対して利子を得ることで「金が金を儲ける」構造になっている。

考え方はとても単純であるものの、時間経過によるリターンの見返りが雪だるま式に増えていく

 

これが30年続くとおおよそ複利は単利と比べると1.7倍も差が出てくるんです!

 

-まとめ-

つまり、投資を行う上で最も重要になるのはこの"複利"という考え方を如何に効率よく使っていくかという事。

 

元手30万円を使って、ただ投資をするのではなく、その30万円で得た利益をそのまま次の投資に使う事がより重要であるということ。

 

30万円ではポートフォリオを組むことは難しいので、出来ればポートフォリオが組める金額までためてから投資を行うべき。

 

しかし、その間30万円を寝かせておくのはもったいないと考えるのであれば、ソーシャルレンディングなどのローリスクでも高配当な金融商品に投資することでより資産効率を加速化させること。

 

この辺りを頭に入れた上で資産運用をしていく事が重要なんじゃないかと思う豆パラでした。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村